あなたにとって
最適な医療を共に探し、
最善を選び続けます。

Scroll

肝胆膵外科か小児外科か
どちらをご覧になりますか?

受診をご希望のかたはこちら

Specialized technology支援技術

肝胆膵外科

ロボット支援下膵切除

Robot-assisted surgery

ロボット支援下膵切除

膵切除は、消化器外科領域のなかでも難易度の高い複雑な手術です。そのため、大きな傷を用いた開腹手術が一般的に広く行われていました。しかし、患者さんの身体的負担は大きく、社会復帰や補助療法の導入などに時間がかかりました。お腹にいくつかの穴を開けてカメラを用いて行う「腹腔鏡下手術」は、傷が小さく体への負担が少ない手術として徐々に適応拡大され、急速に広まりつつあります。

肝胆膵外科

高度進行癌に対する治療

Highly advanced cancer

高度進行癌に対する治療について

肝臓や胆管、膵臓の近くには、合併切除すると命にかかわる動脈や、門脈、下大静脈などの大事な血管が存在します。ときに肝胆膵領域の腫瘍は、これらの血管に浸潤し、切除不能と判断されることが少なからずあります。院では、移植技術を応用した手術や、化学療法・放射線療法などを駆使した「集学的治療」に力を入れており、他院で諦められていたような進行癌の患者さんに対する積極的な治療を行っています。

Residents医療従事者の方

「NO」からはじめない。私たちが、患者さんの診療の際に、常に心がけていることです。たとえ、どんなに具合が悪い患者さんでも、ただ「NO」と言うのではなく、一人一人の状態に応じた最善の医療を提供することを追求します。当科は、肝胆膵外科と小児外科の2つの専門医グループに分かれて、それぞれが専門性の高い治療ができるように日々、努めております。これら3つのことを教室員全員が心がけ、患者様が安心して手術・治療が受けられるような体制を構築しております。研修医をご希望される方のお問い合わせをお待ちしております。

Accessアクセス

埼玉医科大学総合医療センター

肝胆膵外科・小児外科

〒350-8550 川越市鴨田 1981 番地